So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

鎌倉でお蕎麦、江ノ島散策 [おでかけ]

2018年 11月2日(金) 

< 天気: 晴れ > 

父親が少し前にちょっと体調を崩して救急に掛ったのだが、比較的軽かったようで入院もしないで済み、最近かなり落ち着いてきた。
ただ、お酒と車の運転は控えているようだ。

落ち着いてきたので姉から鎌倉にある蕎麦屋に行こうとのお誘い。
みんな行きたいようなので、せっかくなので平日に休みを取って行こう。

土日の鎌倉なんて混雑するに決まっているし。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

さて、出発。快晴だ。
ちょっと予約の時間には早いかなと言うくらいに出発したのだが、意外に工事や事故やらで時間が掛り丁度良い時間に到着しそうだ。

湘南鎌倉の海沿いの道は混雑するので普段通らない、釣りに行くときに通ってもそれは早朝深夜だから混まない。
混雑していたので車内から撮影、もうすぐお店に到着だ。

由比ガ浜
01_由比ガ浜.jpg

予約時間10分前に到着。
松原庵
02_鎌倉-松原庵.jpg

佇まいは良さそう。

暖簾を通ったところの庭はこんな感じ、奥側が店舗。
09_外観.jpg

店舗内の廊下。
08_内観.jpg
和風で下は畳、靴を脱いで上がります。

メニュー(税抜き)。

コスパは良いとは言えませんが、お店の雰囲気やら土地柄も含めるとこんなもんかな。


私はそばがきと天せいろを注文。

まずはそばがき到着。
03_そばがき.jpg

ざらっとした舌触りの荒っぽいそばがきも好きなのだが、ここのはきめが細かめで舌触りも良い、上品な感じ。

小皿にとってほんの少しだけお醤油を垂らしていただきます。
04_そばがき.jpg
うん、美味しい。

そしてメインの到着。
05_天せいろ.jpg

天ぷら、盛りが多いです。
06_天ぷら.jpg

ネタはエビとイカ、大葉にあとは忘れたけど野菜はすべて葉物系。
サクッと揚がっていて美味しい、贅沢を言うならば葉物系の天ぷらだけでなく、茄子とかかぼちゃとかも欲しかったな。
塩を振っていただきました。

蕎麦。
07_蕎麦.jpg

やや細めで綺麗な断面です、こちらも上品な感じですね。
細いけどコシがあって美味しい。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

満腹になったので、今度は甘みを求めて移動します。

力餅家。
10_力餅家.jpg

車が停められなかったので、ぐるっと回って戻ってきたころには買い物終わってた。
物はまあ家で拝見しましょう。

出発当初は文学館にでも行こうと言っていたのだが、そのお目当ては庭だったらしく文学には興味無かったので、天気も良いので予定変更で江ノ島へ。

江ノ島、何時でもすぐ来れるところなのだが、上の方まで登ったことがない私。
土日は物凄く混雑するのも知ってるし。

平日なので空いているかとも思ったが、結構な繁盛ぶり(土日は恐ろしいことになってそう)。

たくさん人が歩いてます。
11_江ノ島.jpg

12_江ノ島.jpg

後期高齢者を引き連れているので、徒歩ではなくエスカー(エスカレータね)で登ります。
なんでエスカレーターでお金取られるんだろ、なんて考えながら切符買います。
13_江ノ島.jpg

頂上到着。

コッキング苑とか言う入場券込みでエスカー切符買ったので、苑に入ります。
14_江ノ島-コッキング苑.jpg

地面に並んでいるのはロウソク、イベントで11/4まで夜はキャンドルライトで照らされるようです。
8000個ものキャンドルだそうで、どうやって着火するんだろうと思って聞いてみたら、係員総出でチャッ〇マンで点けるそうな。

天気も良いので当然景色も綺麗。

腰越港方面
15_江ノ島-コッキング苑.jpg

沖向き
16_江ノ島-コッキング苑.jpg

小田原方面
17_江ノ島-コッキング苑.jpg

道が混雑し始める前に家路へ。

力餅家で買った甘み、ちょっと小ぶりにした赤福みたいな感じですね
18_力餅家.jpg

シンプルな味わいで良いね。


ちょっと疲れたので今日は早めに寝よう。


nice!(23)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

秋の味覚 イクラの醤油漬け サケフレーク [晩酌&肴・おうちごはん]

2018年 10月 27日(土) 

< 天気: 雨のち晴れ> 

前回の記事にも触れていたが大腸の検査が良好だったので、気兼ねなく今日アジ釣り(船)に行く予定で楽しみだった。
もちろん準備も万端。

しかし、ここ最近天気が良かったのに当日(しかも船乗る午前中だけ)天気がすこぶる悪い予報。
何でだよーと数日前から思いつつ、結局前日も悪い予報のまま。

悪いと言っても出船はするんだろうけど、雨&波うねりありそう&風速10m弱。

私薬飲まなくても船酔いしないので、風と波うねりだけだったらそんなに気にしないのだが、プラス雨はちょっと辛かった(雨の中の釣り苦手なんです)。
結局チャレンジせずキャンセルしてしまった。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

翌朝6時に起床するとやはり雨。
せっかくのすごく楽しみだった予定をキャンセルしたのだから、だらだら過ごしたら物凄く後悔しそうだったので、以前から作ってみたかったイクラ醤油漬けと鮭フレークに挑戦。

買出しに行きます、9時半ごろ出発したのだが晴れ間が出てきてる・・・。
思ったものが購入できたので、早速取り掛かります。

今日買って来たイクラ、ちょっとここ数年高価になっているのだが、最近にしてはまあまあの額で買えた。
約500gで3000円、と言っても高いけど。
02_ikura.jpg

開けてみると粒もまあまあのサイズで鮮度も良さそう。
03_ikura.jpg

漬けダレ作ります。
お店に飲みに行ったとき、自家製のイクラを出してくれるお店が時々あるが、煮切ったタレの場合とそうじゃない場合がある。
煮切ってない、お酒の風味が残ったものが結構好きだったりする(もしかして酒飲みだからか?)。

家族や姉一家にお裾分けすることも考えて、今回は両方のタレを用意。
煮切ってない方は、酒の風味で好みが分かれるからね、煮切ったやつの方が万人向け。
初めて作るので、今回は選んだレシピ通り忠実に作ります、ネットでレシピがたくさん見つかるので楽ちんです。
左が煮切ったもの、右は合わせただけのもの。
01_ikura-tare.jpg

煮切ったほうは普通の醤油と味醂・水・酒。
煮切らないほうは水は無しで、醤油は生醤油にした。


こういった漬け系のものはダイレクトにお酒の味が影響するので、料理酒ではなく清酒を買ってきた(ワンカップ大関だけど)。
アサリの酒蒸しとか、お酒で風味が大分変りますしね(漬けてないけどね)。

鍋1杯に対し大さじ1位の塩を入れて、筋子の膜やゴミを除去するための40度位のお湯を用意します、今回はIH便利だなーと感じた。
04_ikura.jpg

お湯の入ったところに筋子入れてほぐします。
1回目、真っ赤です。
05_ikura-hogushi.jpg

3回目、大分膜が取れてきましたがもう一息です。
06_ikura-3kai.jpg

6回目、もういいでしょう。白い膜はキリが無く0には出来そうにないので妥協します。
07_ikura-6kai.jpg

あらかじめ煮沸して消毒しておいた瓶に入れ、タレを入れて冷蔵保存します。
手前が煮切らないタレの物、奥側2瓶が煮切ったタレのもの。
08_ikura-kansei.jpg
瓶の径は大体8cm位。

パッと見キラキラしていて美味しく出来そうな予感。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

親父の兄弟が老人ホームにいるので、訪問するのに送迎を頼まれた。
運転は本来出来るのだが、先日救急病棟にかかるハメになった手前、運転を自粛しているようだ(今は元気ですが)。
送って帰ってきて迎えに行く間に、今日買ってきたサンマを開いて干す。

で、迎えに行ってから今度はサケフレーク作ります。

買ってきた鮭はこれ、サーモンは脂っこいので秋鮭がベスト。
09_sake.jpg

小さく切り分けます。
10-sake.jpg

沸騰したお湯にお酒と塩を入れて、3分位下茹でします。
下茹でされた鮭の皮と骨を取り除きます。

鮭の骨は柔らかいので混入していても問題ないのだが、あらかじめほぐしながら骨も取っちゃいます。
本来ほぐすのはフライパンで炒りながらで良いのですが。
11_sake.JPG

炒り始めます、なるべく粒が大きくなるよう潰さないように。
12_sake-iri.jpg

シンプルに作りたかったので、基本酒と塩で味付け。

ネットで探したレシピにはいろいろなことが書いてあるのですが、その通りにすると余計な味付けしてたり、味が濃かったりするのでこちらは自分流にやっちゃいます。
味醂と醤油を少々追加して完成、粗熱が取れるまで待ちます。
13_sake-kansei.jpg

粗熱が取れたら瓶詰めします。
15_sake-bindume.jpg
うん、良い感じ。


少し味見して、美味しく出来て入るのだが、もう少し改良の余地はありそうです。
家族が食べることや別の料理にも使うことも考慮し、体に優しいように味付けはかなり薄味にしました。

さて、そろそろ干物も良さそうなので干し網から回収。

うん、こちらも良い感じ。
14=sanma-hiraki.jpg

干物にすると、焼いて食べるとき腹骨も食べられるので、最近はお気に入り。


そろそろイクラも食べられるくらいになってそうなのでお味見。
色の濃い左が煮切りタレ、右が生タレ。
16_ikura-ajimi.jpg

両方旨いが、生タレの方が魚卵本来の風味がより感じられて良い。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

夕飯。

はいそうですね、この流れからお察しのような夕飯になります。

当然、親子丼ですね(飯テロ、鮭バージョン)。
御飯の上にサケフレーク敷き詰めて、2種類のイクラ乗せます、板海苔を刻んで飾ります。
最近夕飯時にお米は食べない(朝と昼はキチンと食べてます)で、サラダとおかずだけにしているのですが、今日は食べます。
ちなみにご飯は数年前脱サラして京都の日本海側の山奥に移り住んだ友人が米作りを始めて、その初物の精米したての物を先日いただいたので、ありがたく頂きます。
とは言うもののサイズはミニ丼ですが。
17_oyako-don.jpg

これは美味しいです。
上手に出来たので姉の所にも一瓶お裾分けしようかな。

もう一回、作ってみようと思う。
生タレの方、もう少し酒効かせた方がいいかも(これは私用ですが)。

駆け足の1日でしたが、良い1日になりました(釣り行きたかったけど)。

あ、後日 軍艦巻きも作ってみよ(^^)


nice!(39)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初めての大腸カメラ検査 [ひとりごと]

2018年 10月 20日(土) 

< 天気: 曇り> 

7月末に会社で受診した健康診断。
今まで引っ掛かったことない項目で陽性反応。

しかも便潜血検査で引っ掛かるとは・・・、毎年検査しているが初めての事だ。

+2って、ばっちり反応しちゃってる。
01_kensa.jpg

今年の2月に人生初めての胃カメラとエコーを実施し問題は無かった。
そのとき、そろそろ大腸内視鏡検査もしておかねばと思ってはいたが、まさか検査で引っ掛かるとは思わなかった。

大きな病気へ繋がる可能性のある項目で引っ掛かると、会社から督促状(検査行け)が来ます。
仕方なく行こうと決意していたが、楽しいことを優先して過ごしていたら2か月ほど経過してしてしまい、2通目の督促状をいただいてしまった。

反応が出たことに対してちょっと思い当たる点が2つほど有ったので、大丈夫だろうとは思っていたが良い機会なので一度やっておこう。
健保からも補助が出るようだし。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

覚悟を決めて10/20に受診、こちらも人生初。
前日に錠剤の下剤を飲んで、翌朝に吐き止めを飲んでから、大腸洗浄用の薬をゆっくりと2時間かけて飲む。
今回、この洗浄用のモルビレップとか言う薬を大量に飲むことが一番辛かった。
味はスポーツドリンクを倍くらいに希釈して、甘みをなくしてちょっとしょっぱくした感じ。
不味くは無いが、もちろん旨くもない。

結局モルビレップ1.5リットルと水750mlほど飲んで、ようやく検査できる状態になった。
2リットルほどの水分を飲んだのだが、もうこれ以上飲めないくらいの状態だった。
ビール味だったら簡単に飲めたのにな。

検査は鎮静剤を打っての実施だったので、苦痛なく完了。

普段飲酒したりすることが多いのでリスクは高いだろうなと考えていて、ポリープの2つや3つあるかと思っていたが、予想を反して何も問題なかった。
ちょっと荒れている箇所があるので、その原因だけ調査しておきましょう程度で無事終了した。
ポリープの切除も無かったので、翌日からは普通の制限無しの生活に戻れたのも良かった。

胃カメラとエコーは毎年実施することにしたのだが、この検査は毎年必要なのだろうか?
潜血検査を毎年して、引っ掛かった時でだけで良い気もするのだが。
こんど先生に聞いて来よう。

とりあえず今年の課題だった胃カメラとエコーと大腸カメラが終了したので良しとしよう。
検査終わって、腸内を一度綺麗にしたせいか、なんだか調子が良くなった気がする。

憂いも無くなったので週末のアジ釣り、より楽しくなるな。
当面お酒が美味しく飲めそうだ(油断は禁物)。


nice!(40)  コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平日ランチ [おでかけ]

2018年 9月 14日(金) 

< 天気: 雨> 

平日に釣りでも行こうかなと有休を取る予定でいた。

数日前から雨模様であると予想は出来ていたのだが、釣りには行けないけどもうお休みモードの心は変えられない。
割り切ってゆっくりするつもりだったが、母と姉が買い物ついでにランチ食べるってことで、暇に見える私に足要因として声が掛かった。
はいはい、旨いもの食べられるならどこへでもお運びしますよ。

結局平日だというのに揃いも揃って、姉&両親、大学生で夏休み中の甥っ子2人の計6人でランチへ。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

母と姉の買い物先のお店のすぐ横のホテルでランチ。

中華か和食かどちらかにするつもりだったが、台湾旅行帰りの上の甥っ子が中華じゃないほうが良いってことで和食で。
私も和食の方が有難い。

私のランチ、三色丼ぶり御膳。見た目良いです。
01_lunch.jpg

デジカメ持ってかなくてスマホ撮影なので、画像いまいちです。

各料理ちょっとずつですが、満腹になります。


デザート。
02_lunch.jpg

追加で頼んだ甘みのかりんとう饅頭、ちょっと多かったかな。
03_lunch.jpg
中身は餡子、美味しい。

何もない平日休暇となりそうだったが、いい感じで過ごせた。

ちょっと贅沢出来た、一日でした。
車じゃなかったら、もっと充実(ビール飲めた)してたのに~。

nice!(53)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Vol.12 LTアジ さて今年も大アジいますかね [釣り  ┬ 本牧海づり施設]

2018年9月8日(土)

< 天気: 晴れ  風 : 強風  潮: 大潮 透け潮  実釣 7:30~13:40
      満潮:03:03 / 16:38 干潮:09:57 / 22:22 日の出・日の入:05:18 / 18:00 >

今年2回目のアジ、今回は違う船宿。
この船宿、以前来た時は40cmオーバーの大アジを釣らせてもらったことがある。

今は大アジは周ってきていないようであるが、そこは船釣り楽しめるでしょう。

今回もevergreenさんとryangさんと。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

6時前に到着。
天気は良いのだが、天気予報によると風が強いらしくちょっと心配。

早めに船に乗り込んで、出船まで1時間半くらいあるのでお話ししながらゆっくりと準備。
01_fune.jpg

船長からの情報で、今日は潮が澄んでいてかなり渋いとのこと。
なので何点か対処法を教えてもらった、なるほど。

予定時刻どおり出船。
02_fune.jpg

この船宿も八景島シーパラダイスの横を通って沖へ行きます。
03_ido.jpg

開始。

しばらくしても誰も釣れていないようだ。

10分くらいしてからようやく釣れた。
04_aji.jpg
なかなかの良いサイズです。

しかし後が続かない。船長の今日は渋いとの言葉がのしかかります。
船の中に沈黙が続きます。

結局最初のポイントで3匹程度、激渋です。
ちなみに終始風強く、投入前の仕掛けは風で真横に飛びます。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

移動しても状況は変わらず。
現時点での私の全釣果、元気に泳ぐアジたち。
05_aji.jpg

どの場所に行ってもウミネコが寄ってきます、おこぼれ待っているんでしょうね。
06_umineko.jpg
今日はおこぼれなんてないですよっ。

ryangさんから頂いた船上弁当を美味しく食べながら、アタリをひたすら待ちます。

時折釣れるような状態の中、ひと時ryangさんの竿だけに連続で掛かりだします。
なんと居眠りしていても、アタリが有ります(極意知りたい)。

再度場所を移動しても渋い船内の状況は同じ。

最後の場所で何とか数匹釣れたので、一桁はまぬがれた。

6時間弱で12匹はちょっと寂しいが、サイズと体躯が割と良いので美味しく頂けそう。
3食分位にはなるかな。


下船後、今日は真っすぐ帰宅。

<今日の釣果>

 ・真アジ   21~26cm : 12匹
 ・その他、カタクチイワシ・サビハゼ。
15_chouka.JPG

竿頭は20匹でした。

数は少ないが、サイズがまあまあなので食べる量としては十分。
写真にあるイシモチ(30cm)はryangさんからの頂き物。

別の話しですが、いつも多少は日焼けしてもいいと思っているんですが、今日は失敗しました。
日焼け止め塗り忘れた(持ってたけど)、そして強風だったので日差しが強くとも暑く感じなかったのがいけなかった。

ツートンカラーの僕の腕(半袖で手首から先はグローブしてた)。
11_hiyake.jpg

週明けの仕事は長袖で出勤します(^^;)

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

さてまずは肴。

お刺身。
08_sashimi.JPG

なめろう。
07_namerou.jpg

withコロナビール。
09_corona.jpg
今日は喉乾いたのでさっぱり系で。


夕飯は塩焼。
10_shioyaki.jpg

釣れたてのアジの塩焼、臭みも無く身もふわふわで本当に旨い。
首が曲がっているのは船上で血抜き&締めをしたから。

刺身となめろうは食べきれないので、翌朝に味変して食べます。

残りはフライ用と刺身用(寝かします)に下ごしらえ。


釣りたてのアジ、身がプリプリで美味しいんだけど、私はちょっと寝かしたほうが好き。
血合も腹膜も綺麗に取って、ペーパーに包んで密封して冷蔵庫に(3匹分)。
16_nekashiyou.JPG

船釣り、楽しい。
今日はあまり釣れなかったけど、海原で過ごすのって気持ちいい。

次は何時行けるかな。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

2018年9月9日(日)

<朝>

昨日食べきれなかったなめろうと刺身は、なめろう茶漬けに。
12_namerouchaduke.jpg
ごはんになめろうと刺身を盛って刻み葱を追加して、だし汁追加。

ちょっと濃い目の味になったけど、おいしい。

<夜>

寝かした刺身用のものを使って、茗荷と大葉と練り梅の和え物(肴)。
14_ajitonyouganoumeae.jpg

骨せんべい(肴)。
13_honesenbei.jpg

夕飯はアジとイシモチのフライ(写真割愛)。

おいしい~。







nice!(53)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -