So-net無料ブログ作成
検索選択

京都・京丹後の旅 [おでかけ]

2017年4月30日(日)

< 天気: 晴れ > 

GW突入。

いつもだらだらと過ごしている大型連休。
しかし今回はちょっと遠出してみることになった。

前職の京都出身の友人(かれこれ17年位の付き合いになるか)が、しばらく住んでいた大阪の都会から京都の山奥に引っ越したので行ってみることに。
いわゆるテレビで良く放送されている田舎暮らし的な感じの所らしい。

場所は丹後半島の山奥。
車だと渋滞にも嵌りそうだし、移動は一人なので電車で。

地図で見るだけでも遠い、なので1泊だときつそうなので2泊することにした。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

新幹線を小田原8時過ぎ発で、京都からは特急のはしだて号で天橋立駅に12時半着の長い行程。
1-00_map.jpg


早速新幹線に乗り込みます。1-01_odawara.jpg

途中、車内アナウンスがあって「右手をご覧ください、富士山の絶景が見られます」と。
高速移動中なので上手に撮れなかったがこんな感じでした。
1-02_fuji.jpg

京都での特急への接続を考え、少しでも早く到着する用に名古屋でのぞみに乗り換え。

乗り込み予定の「はしだて3号」、ローカルな感じが良いです。1-03_hashidate-go.jpg

1-04_hashidate.jpg

JRは福知山駅まででその先は丹鉄(京都丹後鉄道)なのだが、特急は乗り入れていてJRでも旅券が買えるのだ。
1-05_hashidate.jpg

走り出してしばらくすると、山間部を通り抜けていきます。
1-06_hashidate.jpg

丹鉄について詳しく知らないが、ディーゼルで単線の区間も多いようです、でも特急はディーゼルではなく電車みたいでした。

特急と言ってもかなりのんびりしていて、いくつかの駅での停車時間が5~10分くらいあるのだ。

2時間ちょっとでようやく天橋立駅到着。
1-07_hashidate.jpg


◇    ◇    ◇    ◇    ◇

到着すると友人と奥様が出迎えてくれた。

久しぶりと挨拶し、「お腹空いてる?」何もたべてないよ」と会話もそこそこにして、車でランチへ向かう。

到着、車を置いてほんの少し歩く。
眼下に広がる海の景色。
1-08_ine-michinoeki.jpg

1-09_ine-michinoeki.jpg

伊豆で綺麗な海は見ているが、ここはその上をいくレベルで綺麗。

左手に海を眺めつつ歩いていくと目的地へ到着、伊根町の道の駅。
1-10_ine-michinoeki.jpg

お店はここ。
1-11_ine-michinoeki.jpg

さすがにGWだけあって順番待ち。

待っている間、海が見えるところで時間つぶし。
1-12_ine-michinoeki.jpg

1-13_ine-michinoeki.jpg

時間つぶしがちょっと長かったようで、順番抜かされてた。
店員さんに話すとすぐ入れてくれた。

煮魚定食とかアラ煮定食とかいろいろあったけど、結局頼んだのは海鮮丼。
1-14_ine-michinoeki.jpg

美味しいです。


満腹になったので、今度は酒蔵へ。

風情ある町並み、なんだか倉敷の町並みを思い出してしまう。
1-15_sakagura.jpg

ちなみにこの右側の家々の裏は海、しかも家に海水が掛かるほどの至近距離なのだ。

1-16_sakagura.jpg

目的地は向井酒造。
1-17_sakagura.jpg

全種類試飲した(6種ほど)。
赤米のお酒がフルーティーで甘く、ワインのような感じだった。
その他のお酒も当然旨いのだが、せっかくなので変わったものを買うことにした、「伊根満開」というやつ。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

夜は当然飲みに行くことになっていたので、移動。
丹後半島の海沿いをぐるっと回る、伊豆の海に似ている感じがするが少し雰囲気が違い荒々しい感じ。
でも釣りポイントは多数あり、今度は釣り道具持ってきたい。
彼らの家に寄って、ホテルへ送ってもらってチェックインしてから飲みに行く。

彼らの家の近くの牧場。
1-18_kyoutango.jpg

家の裏の風景。 *家の写真は載せたかったけど個人情報なので割愛
1-19_kyoutango.jpg

家は地主さんから格安で借りてるらしく、1万円するとかしないとかのレベルらしい。

私が子供のころ親戚の家で見た風景が広がっていた。

土間がありすべてが木造で、入った瞬間にひんやりする感覚がすごく懐かしい。
トイレも水洗では無い、が便器は洋式で昔みたいにおつりがくるタイプでは無かった。
カメムシが大発生しているようで、老朽化していて隙間だらけなので家の中にもたくさんいた。

旅行計画当初に家に泊まったらと最初言われていたのだが、さすがに遠慮してホテルにしていた。
奥様から今度はホテルじゃなく是非泊まってねと言ってくださったので、次回は遠慮なく泊めてもらおう、ものすごく楽しそうじゃないか。

小休止して宮津へ移動。

宮津駅前すぐにあるお店へ。
1-20_miyatsu.jpg

とんだ屋。
1-21_miyatsu.jpg

カレーからラーメンからお刺身まであるお店。
ちょっと定員さんがそっけないけどそれも愛嬌。

メニューはたくさんあります。

ビールで乾杯して、刺身を注文。

アマダイの刺身が食べたかったが売り切れ(17時過ぎだけど)。

まずはアジとイカとサバのお造り、サバのお造り出すお店初めて見た。
サバはいろいろと気を付けないと行けないので、本当に珍しい、しかも冷凍せず生での提供。


もちろん旨い(食べかけ写真だけど)。1-23_miyatsu.jpg

写真は無いが、旬のアサリ焼・トリガイ、エビフライなどを堪能(食べ始めると写真どころでは無くなるのはいつも通り)。
ツレは〆にラーメンなどを食べていた、一口もらったが昔ながらの懐かしい感じで良い。1-24_miyatsu.jpg


単純に食事だけに来ている客も多く、中学生が学校帰りがけにどんぶり食べに来ていたりする。

酔いも回ったので早めに撤収、峰山駅付近のホテルまで送ってもらって解散。

ホテルは普通のビジネスホテル。
明日に備えて早く寝ます。


☆☆☆続きは長いです、よろしければご覧ください☆☆☆


車のバッテリー交換 [ひとりごと]

2017年4月22日(土)

< 天気: 晴れ > 

バッテリーが弱ってきた。
前回、何時換えたのか調べてみると4年以上前だった。

先月の車検でもバッテリー弱ってますって言われ、念のため見積り取ってみたら3万円弱だった。

来月車で旅行にも行くし釣りに行く機会も増えるだろうってことで、そろそろバッテリーを交換してようかなと。
で、早速車屋さんチェーン店を回ってみるも、ディーラーより1-2割安い程度。
ネット価格の倍くらいの値段。

自分で車をいじるのは面倒なのだが、今回は仕方なくネットで買って自分で買えることにした。
量販店の半額の1万円程度で入手(なぜこんなに値段が違うんだろう?)。

バッテリーはコレ。
02_バッテリー.jpg

パナソニックのcaosかcaosliteで迷ったのだが、純正品は55D23Lなので80D23Lのcaosliteで良いかなと。
caosは100D23Lで大容量なのだがそこまで必要は無い気がした、どちらも充電制御対応でメンテナンスフリーだし。。

私の車、バッテリー交換はちょいとメンドイです(私のレベルだと)。

以下写真の左側の矢印と右側矢印のダクトの裏側にバッテリーはあります。
この2つを外す必要があります(右側は外さなくても出来るけど狭いので)。
01_バッテリー.jpg

で、購入したバッテリーを
03_.jpg

装着。


ダクトを戻して完了。

メモリーのバックアップ保護などせずに多少リセットされることを承知で交換したが、特に大きなデメリットは無かった。
トリップメーターや燃費情報・ラジオの設定はリセットされたが問題ない。

このネット販売店、無料で廃バッテリーを引き取ってくれる。
着払い用の宅急便の伝票が付いてくるので、箱に入れて伝票貼って発送するだけ。
この引き取りがかなり助かりました。

エンジンの掛かりもすこぶる良く、快調。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

最近、車のトラブル(故障)が多くなってきた。

先月車検だったのだが、車検代+修理費+メンテパックで30万を超えてしまった。

一番の原因が「電制パワーアシストシフト警告灯」が点灯するという不具合。
点灯するだけでなく、実害もある。

警告灯は点灯したりしなかったりなのだが、点灯するとシフトレバーが急激に重くなるのだ。
カヨワイ女性には無理なんじゃないかなと思う。

普通の男性なら、そういうものだと思えば大丈夫だと思うが(昔の重ステみたいな)。

最初はびっくりしたのだが、慣れてくるとひじ掛けを支点にしてテコの原理を使用する感じで問題なく使用していた。
でも、ずっと警告灯は点灯しっぱなし。← これが結構気持ち悪い。
ディーラーにもちろん聞いてみたが、重いだけで危険は無いらしいようなことを言っていた。

車関係の仕事なので、色々詳しい人に聞いてみると、時折ある事象らしい。
壊れたのなら修理すれば良いと普通思うのだが、見積もり見てびっくり。
部品費(8万以上)+工賃で10万超え。

ちなみにこの電制パワーアシストシフトだが、なんの役割をしているかと言うと、この車のシフトノブは短く可動範囲が狭く、シフトチェンジする際に力が必要なので、その動作をモーターによってアシストするというどうでも良い機構なのだ。
重いのにも慣れていたので数か月そのまま乗っていたが、車検の際に交換することにした。
この機構は壊れた個所のみでの修理ができないらしく、ユニット単位で交換するので高額となる。

車検終了してしばらくすると今度はエアバックの警告灯が点滅し始めた。
いろいろ調べてみたのだが、バッテリ電圧の低下も要因の一つ的なこともあるようだった(真偽はわからん)。

とりあえず自己診断機能にてリセットして誤魔化してみた(アクセサリのオンオフで実施する方法ね、詳細は割愛)。
しばらく消えていたのだが、消す⇒点滅する感覚が短くなってきた。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

バッテリーを交換した現在、再びエアバック警告灯が点滅しだした。

本格的に故障らしいです、バッテリー要因(低電圧によるもの)ではなかったです。

故障しているとしたら、ケーブルの断線か最悪インフレーター(エアバックが膨らむ機構ね)しかない。
インフレーターだったら修理代高額だろうな・・・。

ディーラーに持ち込んで診断してもらったら、スパイラルケーブルの断線とのこと。
断線なら線変えるだけだから安いのかなと思ったら、25000円の見積り。

警告灯が点滅しているときは、エアバック作動しない可能性があるので交換することに。

仕方ない、GW中に持ち込もうかな。

最近車がハイテクになりすぎて、電装系の故障も増えてきているし部品費も高くなってきている。
昔のような機械的な機構の車が懐かしく、今もそんな単純な車があってもいいのではないかと思ってしまう。

あまり車を使わなくなったので、この車は修理しながら乗りつぶすことにしようかな。





so-net 0sim が遅すぎてどうにもならない・・・ [モバイル・PC系、etc]

2017年4月23日(日)

< 天気: 晴れ > 

so-net の 0simがめちゃめちゃ遅い。
docomoの通信網を使っていて、LTEとの謳い文句であるのに。

このsimの最大の売りは500Mbまで無料で使えることである。
04_0simプラン.jpg
500Mb以下で使用し続ければ、掛かる費用は契約時の手数料(税抜)3000円のみとなる。


契約した当初はちょっと遅いと感じる程度であったが、昨年末から使い物にならないくらいの遅さ。
メールとかLINEはまあなんとか使えるが、ネット検索とかは遅過ぎて開かなかったり、起動さえできないアプリがあるほどだ。

0simの評判を探してみると、やはり皆さん同じのようで「ク〇遅い」とこき下ろされている。

私はもともと外出中に多くの通信(1~2G程度で足りる)をしないので、格安simを利用している。
メインのsimがFreetel、サブに0sim。

今の速度では電車等で移動中に乗り換え案内でさえ満足に表示されないほどなので、さすがに我慢ならない。

もちろん格安simは通常のキャリアsimより遅いことは理解して使っているが、限度がある。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

実際にどの位の速度が出ているのか?
測ってみた、時は平日の15時半ごろ。

まずは0sim、契約当初は5Mb位は速度が出ていたような記憶がある。
01_0sim.jpg
2回計測してこの値、0.09Mbって90Kb?

通常速度制限掛かった場合でも200Kb(0.2Mb)、ありえないほど遅い、遅すぎる。
ダイヤルアップ回線かと思うほど。

日時と場所を変えて何度もやってみましたが、数値に大差無い結果です。


ではFreetelはどうか。ポケットwifi経由での測定だが
02_freetel.jpg
これくらいは出てる。

ネット検索とかアプリを使った通信をする場合でも全く問題ない(私的には)。

ちなみにキャリアsimを使っている会社の同僚に同じアプリを入れてもらって計測してもらうと、70~80Mb位の数値となった。
ちゃーーんと支払っている料金に比例してますね。


後日、あまりにも我慢のならない結果だったので、悔しいけどFreetel simを追加で契約。
ちょうど基本料無料キャンペーン中だったので、初月だけ1000円位の料金(通信料と手数料とか)を払って、翌月から200円の契約(1G以下しか使わないので)となる。
既存のFreetel simは2年間基本料無しだったので、今後1年間は月額400円。

都合Freetel sim 2枚契約(定額プラン+使っただけけプラン) 1G+1G=2G、これで十分足りるかな。
足りなかったら使っただけプランのsimに頑張ってもらおう。

ちなみにsimを差して計測してみると・・・、wifiの時と同じくらいの数値でした。
03_freetel2.jpg

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

so-netブログでso-net 0simの悪評を晒すのは気が引けるがちょっと酷すぎる、1Mbに遠く及ばないのは詐欺に近いのではと感じてしまうほど。

私は通信simだけの契約だったからまだマシだ。
通信のみの契約は解約手数料0円、放置しておいても0円なのでサブのサブsimとして細々と手元に置いておこう・・・。

だけど、わざわざMNP転出料を支払ってメインとして 0sim契約してしまった人は可哀そうでならない。
別メーカーに再転出の際に、解約手数料とさらにMNP転出料が掛かるのだから・・・。

0simはプランとして失敗したのは明白、身を削ってでも対応が必要じゃないかな。
so-netさん、何とかしましょうよ。







お祝い [おでかけ]

2017年3月25日(土)

< 天気: 晴れ > 

久しぶりの焼き肉。

甥っ子の下の子が無事大学に合格した。

お祝いを兼ねて焼き肉へ。

上の子の大学合格時も焼き肉に行ったのだ、なので同じお祝い方法に。

最近、姉にも色々世話になったので姉と甥っ子二人をご招待。



お店は焼き肉Matsuda、ギリギリ予約出来た感じで今日も満員でした。

先にサラダをお腹に入れ、焼網&お肉とスタンバイOK。
01_yakiniku-matsuda.jpg
もちろんお供は生ビール。


あんなに小さく私の周りで燥いでいた子がいまや20歳と18歳、逞しくなりました。
上の子は大学院まで行くと言っている、下の子は教師になりたいとな。
頼もしい限りです。

久々に美味しい焼き肉が食べられました(^^)


◇    ◇    ◇    ◇    ◇


2017年3月26日(日)

< 天気: 雨 > 

今日も外食。

昨日の焼き肉は4月でも良かったのだが、新学期ともなると皆忙しいだろうと今日と連続になるのを承知で行ったのだった。

今日はランチでお魚。
姉が母親の誕生日会をしようというので、今回は私がお店を選定。

私がお店を選ぶとお酒が飲める系のお店になるのだが、今日のお店はお魚が美味しくてランチもやっているお店。
気の置けない仲間たちとは時折飲みに来る。
静かに美味しい魚とお酒が楽しめるのでお気に入り。

時々、仕事中の昼休みにも食べに来たことがあるのだ。
地元の新鮮な魚を堪能できる。

全員、近海地魚にぎりセットにした。
02-1_yohachi.jpg
寿司だけではなく、旬の天ぷら(海老・サツマイモ・ナス)・サラダ・味噌汁(アラ汁)・漬物。

ビール飲みながらなので、結構なボリューム。
自分の分を食べきるだけで精いっぱい。
両親は当然完食できる訳はなく、そこは食べ盛りの甥っ子たちにより完食。

ちなみに母上は78歳。
年齢が年齢なのでそれなりに病気はしているが、今は回復して元気そのもの。
介護どころか私のほうが世話になっている感じも・・・。

最近、両親の体調もよく元気なので、姉も誘って旅行でも行っておこうかなぁ、などと考えてます。


スマホ買換え デュアルSIMデュアルスタンバイ(同時待ち受け)SIMフリー [モバイル・PC系、etc]

2017年1月20日(金)

< 天気: 曇り時々雨・雪 > 

最近、職場の仲間がタブレットなどを買い換えたり新規購入していたりしている。
私はしばらく前に買っていたので、ふむふむと聞いていたが耳寄りな情報を聞いた。

昨年に発売されていたようなので今更なのだが知らなかった私、デュアルシムで4G/3G同時待ち受けのモデルがあるとのこと。

昨年、デュアルシム同時待ち受けのLTE対応モデルがあったが、ドコモの通話エリア(対応バンド)がちょっと狭い(山奥で受信できない)スペックのものだったのでスルーしてた。

その他細かいスペックも自身の使い方に有ったものが発売されたので、喰い付いてしまった(^^;)
格安スマホで我慢し続けていたのは、まさにこれを待っていたのです。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

買っちゃったのはこれ、先週土曜日に購入。
ZenFone 3 ZE520KL、どこを見ても値引きがされてなかったので近くの量販店で入手。
01_zenfone3.jpg

02_zenfone3.jpg


今使っているsimは
 ・ドコモのFOMAの通話契約のみ(938円/月)   ⇒ スマホに差している
 ・FREETELの定額プラン契約(1G;200円/月)   ⇒ ポケット wifiルーターで使用
 ・so-netのzero sim(500M以下は無料)の計1.5G ⇒ スマホに差している
で使用している。

私がハードユーザーと思っていた方もいるとは思いますが、実はあんまり使いません。
そこそこいい歳をしておりますので歩きスマホとか出先で動画鑑賞などしません。

家ではネット環境のwifiがあるし、出張中のホテルはほとんど無料wifi完備なので、計1.5Gで足りちゃうのです。

今迄のスマホはCOVIA CP-F03a(デュアルシムだが同時待ち受け不可、3G回線、一万円以下の機種)。
タブレットはこれからも使うがnexus7のwifiモデル。

coviaスマホは同時待ち受け出来ないし超格安モデルなのでスペックも低く、ポケットwifi持っていないときの切り替えが面倒だった。
それが解消したのですこぶる快適。

使い方が合う方にはおすすめの機種です。


ちなみにFOMAのsimは使用可能ですが、注意が必要です。
私も冷や汗を掻きました。
FTEETELsimのサイズ変更品(nano)が届く前にFOMAの設定しようとしたのですが、FOMA単独ではできませんでした。

どうやらFOMA sim単独での使用は想定(設計)していないようで、デュアル前提でないと設定できません。
当たり前と言えばそうですが、このスペックのスマホをFOMA通話のみで使う人などほぼいないでしょう。

FOMAsimを認識させるにはデュアルで使用することが必要です。
私はやってみてませんが、2枚目のsimはダミーであっても設定できるようです(設定後は2枚目は不要らしい)。
LTE対応のsimであれば単独での使用はもちろん可能なようです。

FREETELsimが届いたら、あっさり設定完了しましたけどね。
googleアカウント持っていると超簡単に移し替え出来ます。

ポケットwifi・FOMAのsim1・FREETELのsim2、無事アンテナ立ちました。
03_zenfone3.jpg

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

私は「LTE&3Gでデュアルsim 同時待ち受け可」さえクリアしていてくれればOKのスタンスでした。

まあ一応、その他スペックはというと・・・

内蔵ストレージ : 32GB
メモリ : 3GB
microSD  : microSD(SDXC) 最大2 TB

デュアルSIMカードスロット
   SIM 1: 2G/3G/4G microSIM スロット
   SIM 2: 2G/3G/4G nanoSIM スロット
   Dual SIM Dual Standby

と言う感じです。


私的に思ったより良かった点は
 ・画面が綺麗
 ・カメラ性能が良い
 ・メモリもコア(オタクコア)も思った以上のサクサクレベル
 ・音源がハイレゾで音楽聞く方には良い
    (イヤホンも付属;イヤホンがハイレゾ対応かは判らない)

もうちょっとと思われる点は
 ・デュアルシム使用はmicroSDが使えないのでストレージに注意(私はクラウドで確保)。
   (sim2のスペースと競合してるのでどちらか一方しか入らない)
 ・もう少し小さいサイズが欲しかった(パンツポケット入れる派なので)
 ・地デジが見れない(私は見ないのでどうでも良いのだが)
 ・なぜか日本版が高い

ちなみに私は悩んだ挙句、日本版を買いました。
ほぼ基本的なスペックは同じの台湾/香港向け(amazonなどで買える)より15000円ほど割高になる。

日本版は日本の技適表示がされる、台湾版は日本の技適表示がされない(厳密にいうと違法になるのではないだろうか)。
日本版は国内のasusで修理・保全ができる、台湾版は国内ではできない、等々。

とりあえず、スマホ難民から脱出できたような気がします。