So-net無料ブログ作成
おでかけ ブログトップ
前の5件 | -

中国へ [おでかけ]

< 天気: 晴れ   >

中国へ出張。

年末から出張の計画が有り、のびのびになっていた。

本来なら12月の中旬から下旬にかけて2週間弱の出張予定だった
が、費用がなんたらかんたらで、結局年明けの4泊5日の出張となった。
12月に出張行くものだと計画してたので、お断りした予定が数件あったのだ。
結局出張も無く、予定もこなせず、何だかなーって思いだ。

連休は7日までで、8日出勤、9日出発だ。

長い連休の間に出張の準備は十分出来た。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

出発。
01_0109-haneda.jpg

目的地は中国 佛山市。
羽田空港→広州白雲空港に行って、そこからはお迎えの会社の車で移動予定。

時間を気にするのは嫌なのでかなり早めに羽田へ到着。
朝方まで雨だったけど、止んで良かった。

搭乗すると通路側の席を予約したつもりなのに何故が窓側の席だった。
予約した時ちょっと変だなと思って問い合わせたら問題ないという回答だったが、結局違ったですよ、〇TBさん。
でも天気が良かったので、雲の上からの景色を堪能できたので、クレームはしないでおきます。
スマホ類の仕様は機内モードでも禁止って言われたので、デジカメ持って行かなかった私は機内の撮影は出来なかった。
綺麗な景色とチープな機内食撮影しておきたかった。

広州白雲空港で私の名前を書いたプレートを持っている初対面の会社運転手に迎えられ、まずはホテルへ。

1時間半ほどでホテルへ到着。
予約していたんだけど、日本語が通じず10分ほどチェックインに時間が掛った。
後から分かったのだが、予約番号言えば簡単だったらしい。

ホテルの入り口はこんな感じ。
02_0109-hotel.jpg

部屋はこんなん。
03_0109-hotel-room.jpg

シングルルームと言う設定が無いらしく、基本2人用以上の部屋らしく、広い。
でも枕は4つ要らない。

前回行った同僚に聞いていた通り、建屋は古い、掃除はまあまあって感じ。

到着したとたん、現地在留の出向者と現地の方に連絡を貰い夕飯へ。

なぜか日本料理店へ。
「日本から来たばかりなのに日本料理でスマン」と言われたが気持ちは分かる。

「笑顔」というお店、料理は肉じゃがとかホッケの開きとかサラダとか。
04_0109-izakaya.jpg

仕事仲間の間では写真はなかなか取れないので、写真は無し。

値段は日本の居酒屋レベルで、味は日本の割安の居酒屋くらいだろうか。


気温は日本より5℃くらい高い感じだろうか。
日本で「今日はあまり寒く無いな」くらいの感じが、こちらの寒い日と言う感じ。

部屋戻ってちょっと肌寒い感じだったので、空調入れたら冷たい風しか出てこなかったが別に無くても大丈夫ではある。

----------------------------------------------------------------

2018年 1月 10日(水) 

< 天気: 晴れ   >

朝ごはん。
フロントでチェックインした時何も説明されなかったので、ちょっと到達するのに時間かかった。

朝ごはん。
バイキング形式で、用意されている品目は多い、全部一度は蓋開けて見て回った。
お粥、両面焼き目玉焼き、白菜炒め、ビーフン、餃子、美味しい。そして豚まん?
06_0110-hotel-choushoku.jpg

豚の顔の饅頭、豚まんかと思ってかぶりついたら、なんと中身がカスタードと言う罠。

ホテルのフロント
07_0110-hotel.jpg

外観
08-_0110_hotel.jpg

正面
09_0110-hotel.jpg
かなり都会だ。

駐在員含め車の運転は禁止されているので、現地での通勤はやはり会社のお迎え。
ただ中国の車事情は事故らないほうがおかしいくらい、譲り合いの精神がない。
人が渡っていてもお構いなしにその前を車が通りすぎるし、車線変更の車などクラクションで牽制しまくり。

ちなみに毎日事故現場を見た、小さい事故ですがね。


夜は仕事関係の方と食事会。
なぜか韓国焼肉のお店、日本で言うららぽーとみたいな中にあるお店。
軽い雰囲気の食事会だったので、ちょっとだけ撮影。
10_0110-korea-yakiniku.jpg

何故かビールはドイツ産、久しぶりにこのビール飲んだけどやはりこれは美味しい。
11_0110-korea-yakiniku.jpg



------------------------------------------------------------------

2018年 1月 11日(木) 

< 天気: 晴れ   >

朝ごはん。昨日と大差無い。
12_0111-hotel-choushoku.jpg
ピータンのお粥、チャーハン、白菜炒め、餃子、豚ちまき、オレンジジュース。

今日も通勤中事故を見た、危険だ。

駐在の人が通勤途中で豚まんを朝ごはんとして買っている。
美味しいというのだが2個で1.5元(26円)という激安価格らしい、食べて見たかったが朝ごはん食べてきているし、素材が怖いので止めた。

今日はまた夜の会に呼ばれたが仕事が終わってなかったのでお断りし、一旦会社の送迎でホテルまで戻って残務処理をすることに。

まずは腹ごしらえってことで、初日の日本料理屋におひとり様で。

皿うどん(まあまあかな)と餃子(美味しい)とアサヒ瓶ビール。
13_0111-sappar.jpg

生ビールはサーバーの管理状態が分からんので止めといた、日本でも回転の悪い店だと激マズのところあるし。

仕事終わって、ホテル横の怪しいセブンイレブンで買ってきた現地の青島ビール。
14_0111-hotel.jpg
奥の青いラベルのボトルはコカコーラ製の水、中国の水道水は飲めないので毎日2本ずつ補充される。

で、一緒に買ったジャックダニエルのハイボールもって思ったら、甘い。
15_0111-hotel.jpg
よくよく見るとジャックダニエルのレモネード割だった、こんなのあるんだ。

------------------------------------------------------------------

2018年 1月 12日(金) 

< 天気: 晴れ   >

朝ごはん。昨日と大差無い。
16_0112-hotel-choushoku.jpg
ピータンのお粥、白菜炒め、豚まん、両面目玉焼き、ビーフン、豚ちまき、オレンジジュース。
そろそろ飽きてきた。

お昼ご飯は会社からすぐの中華屋さん。

みんなで(10人)行って、回るテーブルを囲んで食べる。
なにやらみんな熱いお茶で取り皿やレンゲ、器を洗い始める。
汚いので洗うのかって聞くと、そうじゃないけどって。。

食事後に会社の現地の娘に聞くと、風習らしくて家でもやるらしい。
最近、やらない人もそれなにりいるらしい。

食べたものは白菜炒め、セロリと肉炒め、麻婆豆腐、青菜炒め、芋の煮たやつ、鳥団子スープ等々。
全部美味しかった、一人当たり25元とかなりお安い。これは良い。

夜はホテル内の日本料理屋で。

みんなで行くと写真撮りにくい、今日は1枚取れなかった。

現地の若い人も写真撮らないんだよね。

------------------------------------------------------------------

2018年 1月 13日(土) 

今日は移動だけ。

朝ごはん。
17_0118-hotel-choushoku.jpg
ピータンのお粥、白菜炒め、チャーハン、豚まんと思いきや胡桃まん、餃子、豚ちまき、カレースープ、オレンジジュース。
カレースープ試しに食べてみたけど、これにも八角が入っているみたい。カレーには不要じゃないかな。

空港に行くまでに時間があるので近くを散歩。
17_0113-foshan.jpg

19_0113-foshan.jpg

20_0113-foshan.jpg

21_0113-foshan.jpg

22_0113-foshan.jpg


かなり都会だ。


時間になり車で空港へ向かうがクラクションなりまくり&渋滞しまくりの中、空港に到着。

チェックインは長蛇の列。
23_0113-kousyu.jpg

チェックイン後のロビー、マックとかがある。
喉を少し潤そうと思ってお店で買おうとしたがエビアン500mlが20元(370円)とか書いてある。
24_0113-kousyu.jpg

搭乗までゆっくり座って待つ。
25_0113-kousyu.jpg

羽田に到着してWifiを返却。

中国はgoogle、yahoo、youtube、line等が繋がらない。
android&googleメインの私は受難であったが、会社契約wifiでVPN付のものを携帯できたので助かった。

google使え無いと困る方はVPN付Wifiを用意した方が良いですね。


結局お土産は何も買ってこなかった、親兄弟全員から真顔で要らないって言われてたので・・・。

今回、仕事で行っていたので仕方ないのだが、取りたい写真がなかなか取れなかった、これが残念でした(><)




nice!(16)  コメント(0) 

清水港と三保の松原 [おでかけ]

2017年11月17日(金)

< 天気: 晴れ   >

松田にあるアサヒビール工場へ行こうとのお誘いが姉からあった。
姉からお酒関係のお誘いを受けるのは珍しいなと思い、理由を聞いてみるとたいした理由は無いようで、単に近いからと思い付きらしい。

両親も誘うというので聞いてみたら、たくさん歩く(電車で移動;私が試飲するので)ことになるので難色を示すので・・・、今度は私の思い付きで三保の松原に行くこととなった。

私は一度も行ったことなかったのと、清水港でマグロでも食べようかと。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

東名高速を走ること2時間弱で到着。

時間的に先に清水港でランチとお土産を買うことに。

こんな感じでお店が並んでいる。
03_shimizu-kou.jpg

お店の人気とかよくわからないので適当に入店。

私は7種盛り。
01_shimizu-kou.jpg

ちなみに姉は清水なんちゃら(忘れた)。
02_shimizu-kou.jpg

ちょっと切り身が薄いかなとも思ったが美味しかったので良しとしよう。
桜海老の生なんて久しぶりに食べた。

お土産品の建物へ移動し物色。

多少鮮魚類は安いみたい。


刺身はもう食べたので、刺身用ではない冷凍マグロ(フライ用)を買う。

そして指4本分はある太刀魚を丸ごと購入。
これは塩焼と煮付けで食べよう。

店舗の裏側の護岸。
04_shimizu-kou.jpg

釣りしたら結構良さそうだけど釣り人はいなかった(おそらく禁止なんだろうけど)。


◇    ◇    ◇    ◇    ◇

三保の松原へ。

平日だけあって人もまばら。

入口付近。
05_mihonomatsubara.jpg

06_mihonomatsubara.jpg

羽衣の松。
07_mihonomatsubara.jpg

松林を抜けると砂浜。
08_mihonomatsubara.jpg

天気は良かったが、残念なことに富士山だけ雲が掛かって見えなかった。
(釣りに良さげなサーフ)

海側からの松林。
09_mihonomatsubara.jpg

松林の遊歩道を少し散歩して、帰ることに。
10_mihonomatsubara.jpg

たまにはこんな日帰りも有りですね。


nice!(20)  コメント(4) 

富岡製糸場へ [おでかけ]

< 天気: 晴れ   >

世界遺産の富岡製糸場へ。

前回の伊豆旅行の際、本来はここへ行く予定だった。
しかし、私が風邪をまき散らしてしまったため、中止となり代替えとして伊豆に行ったのだった。

私の親が富岡製糸場へ行きたかったらしく、名残惜しそうな言葉を時折口にするので計画した。
今回も姉も当然参加するとのことで前回と同じメンバーで行くことに。
伊豆の時は少し行程が多かったので今回はゆるりとした計画に(もう傘寿なので・・・)。


ところで気が付いたら2か月以上ブログ放置してた。
釣りも行って無かったのでなかなか更新しなかった。

私はブログの更新に関して特にノルマ的なことを自分に課してない。
それを決めちゃうと、なんだか苦しくなってくるので。
のんびりと気まぐれ更新しているおかげか、気付いたらもうソネブロで10年以上続いていた。

とは言いつつ、月に1回以上は更新したい気持ちもあるのだ。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

圏央道から関越道、上信越道を通って富岡へ到着。
のんびり休憩を取りながらだったけど3時間弱で着いた、刻は11時前。

観覧してからだと昼食が混雑するかと思って、先に取ることに。
お店は蕎麦食堂 仁べえ。
製糸場入り口近くの駐車場に停めたところから徒歩5分程度。

なんでもミシェランに掲載されていた店を持っていた方が、その店を畳んで地元富岡に店を構えたそうな。

開店10分前に到着、一番乗り。

店構え。こじんまりしていて見逃してしまいそう。
01_蕎麦食堂仁べえ_20170929.jpg
スマホなかったら探すの大変だろう。

ほどなくしてもう一組が並んだ(ちょっと安心)。

時間通り開店し、私は本日のおそばの「かき揚げ天もり蕎麦」を注文。
家族は冷たいたぬき蕎麦、スダチの入った冷し蕎麦などを注文。

先に海老かき揚げがきた。
02_蕎麦食堂仁べえ_20170929.jpg
食べやすく2つに割ってある。
天つゆだけでなく塩も付けてくれているのが嬉しい。

エビの香り良く旨い。私は塩で食べる方が好みだな。
冷酒かビールが欲しくなるが、運転手は私のみなので断念。

しばらくしてお蕎麦も運ばれてきた(大盛り)。
03_蕎麦食堂仁べえ_20170929.jpg
極細だ。そして美しい。

細いのでコシとか弱いのかなと口に運ぶと予想を覆すほどの強いコシの有る蕎麦だった。
のどごしも香りも良く、美味しい。
つゆも辛過ぎず甘すぎず良い感じ。

蕎麦湯はさらっとしていて、ほんのり白く色づいている程度な感じ。
あっという間に完食してしまった。

そばがきも食べたかったのだが、蕎麦大盛りにしたので諦めた。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

満腹になったところで富岡製糸場へ、店から徒歩3~4分程度だろうか。

入口が見えてきました。
04_富岡製糸場_20170929.jpg

05_富岡製糸場_20170929.jpg

平日なのでこれでも人出は少ないのだろう。
早速チケットを買って入場。
05-2_富岡製糸場_20170929.jpg

最初は東置繭所の一階部分、ギャラリーになっている。

刺繍で作成された富岡製糸場の図(やはり絹糸製なのだろう)。
06_富岡製糸場_20170929.jpg

養蚕の展示。
07_富岡製糸場_20170929.jpg
フェイクかと思ったら本物だった。
小学生の頃、蚕を育てる実習があって成虫になるまで見届けたことを思い出してしまった。

ギャラリーはさっと見て次へ。

東置繭所の裏側を通って
08_富岡製糸場-東置繭所_20170929.jpg

西置繭所方向へ。
09_富岡製糸場-西置繭所_20170929.jpg
ここでも何か見学できるようだが、ヘルメット被った上に別料金で入るらしい。
ヘルメット被りたくないのでスルーして東置繭所の2階部分へ。

天井が高くて広い、これが全て木造だというから素晴らしい。
10_富岡製糸場-東置繭所_20170929.jpg

11_富岡製糸場-東置繭所_20170929.JPG

次は繰糸場。
13_富岡製糸場-繰糸場_20170929.jpg
今でも通用しそうな設備だ。

診療所。
14_富岡製糸場-診療所_20170929.JPG

寄宿舎。
15_富岡製糸場-寄宿舎_20170929.jpg
これで全部観覧完了。

構内でスタンプラリーをやっていたのでとりあえずスタンプしておいた、コンプリートするとピンバッチくれる。
16_富岡製糸場_20170929.jpg

17_富岡製糸場_20170929.jpg


◇    ◇    ◇    ◇    ◇

満喫したので宿泊地である水上温泉へGo。

途中、道の駅 みなかみ水紀行館に寄ってお土産物色。
現地の野菜やキノコ、特産の蒟蒻等がお安く売っている。

お風呂が空いている内に満喫したかったので、14時半頃に旅館へチェックイン。

部屋のすぐ下が利根川、良い感じです。
18_水上温泉_20170929.jpg

早速お風呂へ。
空いていたし広かったので満足。

お待ちかねの夕食はバイキング。
コース料理だと両親が食べきれない(私に回ってくる⇒私のお腹出る)ので、最近はバイキングにしている。

1回目はこんな感じ。
19_水上温泉_20170929.jpg


そのあとはお刺身おかわりしたくらいで満腹。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

翌朝、7時から朝ごはんなのでその前にお風呂へ。
今日は男湯と女湯が入れ替わる。
いい湯だったが昨日の方が広くて良いかな。

朝ごはんもバイキング。
20_水上温泉_20170930.jpg
お粥にしてみた、歯の治療中なのでこのほうが噛むのが楽なので(^^;)

ゆっくりしたくして出発、日本一のモグラ駅を見に。

土合駅へ到着。
21_土合駅_20170930.jpg

22_土合駅_20170930.jpg

1日平均乗降客が22人との事であったが、駐車場がほぼ満車。
見に来ている人多いんですね、登山者がちょっと寄り道的に来ている感じだった。

まずは下り方面。
24_土合駅_20170930.jpg

スロープを抜けると・・・
25_土合駅_20170930.jpg

地下への階段。
26_土合駅_20170930.jpg

なんでも駅舎と上りホームのある地上と下りホームの高さは81mもの高低差があり、下りホームまではほぼ一直線に伸びる462段の階段(長さ338m)があり、143mの連絡通路とさらに24段のがあるそうだ。

降りてみるのは良いが戻ってくるのは無理なので眺めるだけ。

一応上り方面も見ておく(地上)。
28_土合駅_20170930.jpg

27_土合駅_20170930.jpg

時刻表、一日に5本・・・。
29_土合駅_20170930.jpg

看板(モグラが隠れてる)。
30_土合駅_20170930.jpg

ちなみにトイレもちゃんとあって、とても綺麗でした。

この場所、結構楽しかった。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

さて、のんびりと家路方向へ移動しましょうかね。

お昼ご飯を兼ねて道の駅 たくみの里へ。
ここはいろいろな体験が出来るらしい。

とりあえず群馬名物の焼き饅頭を頂く、おいしそう。

手前が標準スタイル(餡無し)、奥側が餡入り。
32_たくみの里-焼き饅頭_20170930.jpg
うん、おいしい。

朝食バイキングでたくさん食べたので、ランチは軽めに。

私は卵かけご飯定食。
33_たくみの里-卵かけご飯定食_20170930.jpg

おやきとみそおでんをシェアして。
34_たくみの里-焼きおに-みそおでん-おやき卵かけご飯定食_20170930.jpg

蒟蒻美味しい、昔食べたおばあちゃんの手作り蒟蒻みたいで懐かしい。

さて帰りますか。

途中お野菜の直売所でブルーベリーを買って、ドールランドに寄って無事帰宅。

楽しく過ごせた旅行でした。

次も、どこか行けるといいな。






nice!(58)  コメント(10) 

伊豆旅行 [おでかけ]

2017年6月23日(金)

< 天気: 晴れ  >

久々の旅行、両親と姉と。

みんなの体調も良く都合も付いたのでお出かけ。
旅行とは言ったものの、高齢の両親もいるので近場の伊豆へ。
先週・先々週と伊豆へ釣りに行っているのだけどね。

1人で行くと単なる釣りだけど、見慣れた場所であっても家族で行けば旅行になるのだ。

家族4人での旅行なんて、どれくらいぶりだろう?
姉の息子二人も無事大学生になり、姉も自由が利くようになった。

実は先月、別の旅行の計画を立てていた。

富岡製糸場と水上温泉に2泊3日で行くつもりだった。
が、私が風邪ひいてそれを家族に移してしまい、私のせいでキャンセルとなったのだった。

今回はそれを踏まえ、気張らずに行ける近場でってことで伊豆となったのだ。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

今日は海沿いを通らず、山側から目的地へ。
まずは三島スカイウォーク。

箱根越えは避けて、東名高速の長泉沼津ICから臨む。

平日なので渋滞もなく順調に到着。
01_skywark.jpg

観光用の吊り橋らしく、人々の道としての使用目的は無いようだ。
チケット購入、チケットも絵ずらが違うものが4種類位あるみたい。02_skywalk.jpg


天気も良かったので景色が綺麗、だけど富士山だけは隠れてしまっていた。

渡る前ははこんな感じ。
03_skyawalk.jpg

05_skywalk.jpg

吊り橋上はこんな感じ、吊り橋なので若干揺れるが船上ほど揺れない(当たり前か)。
06_skyawalk.jpg

下を見るとかなり高い、髙いところはあまり好きじゃないかも。
07_skywalk.jpg

吊り橋は400m、渡った先からの景色。
08_skywalk.jpg

平日なので空いているかと思ったが、そこそこの人出。
休日は物凄く混雑するのだろうな。

適度に歩いてお腹も空いたので、車で移動してランチにしよう。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

とろろ屋。

伊豆長岡の旅館の中にあるお店、平日のランチだけ開放している模様。

早速お膳が到着。
09_tororo-ya.jpg

麦とろ豚みそおかべ御膳。

豚肉付は食べ過ぎかなとも思ったが、みそ味が絶妙で柔らかくぺろりと食べてしまった。

家族はお肉抜きのとろろセット。
ヘルシーです、女性のおひとりさまで来ている方もちらほら居たのも頷けます。

初めて来たのだが、良いお店でした。
今度近くを通ることが有ったらリピートしよう。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

満腹になったところでとろろ屋から約5分のところにある葛城山(かつらぎやま;452m)。
こんな山が伊豆にあるなんて知らなかった。

伊豆の国パノラマパークという名称らしく、ロープウェイで山頂まで登る。
事前に割引チケットをスマホで入手しておいたので25%offで購入できた。

ガラガラだったのですぐに乗り込めた。
目指すは山頂。10_katuragi-san.jpg


ロープウェイと言ってもスキー場に良くあるゴンドラみたいなやつ。11_katuragi-san.jpg

そんなに高くない山だと思って侮っていたが、山頂付近ではこんな感じの高さに。
12_katuragi-san.jpg

先端の展望台へ向かう。

道は複数あり選べるのだが、最短距離で行ける道で。

紫陽花が綺麗。
13_katuragi-san.jpg

紫陽花越しの景色、いい感じです。
14_katuragi-san.jpg

そこを抜けるとボードウォークになっていて、木陰で涼しく気持ち良い。
16_katuragi-san.jpg

先端の「さえずりの丘」に到着。
修善寺方面が一望できます。
15_katuragi-san.jpg

そろそろみなさんお疲れモードになってきたので戻ることに。

足湯なんぞもありました。
暑い日だったので、足湯はスルー。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

温泉が混雑する前に到着したかったので、そそくさと伊東のホテルへ向かいます

ホテルに到着すると、予想以上の丁寧なお出迎えをしていただけました。

気持ちよく部屋に入りベランダへ。
いつも見る伊東の景色も高い場所から見ると違って見えます。
17_hotel.jpg

部屋は和洋室、ベットが二つ、布団も敷けます。
4人一部屋でも十分なのだが、ゆったりと過ごそうと2人ずつ隣り合わせで2部屋予約した。

早速温泉へ。

空いているかと思いきや団体さん(200人だって)が居るらしく、お風呂も混雑。
落ち着けないので長居せず出てきてしまったが、いい湯ではあった。

喉の渇きを癒しながら(ビールね)、夕飯までまったり。

18時になり夕食へ。
バイキングなのでちょっとめんどくさいななどと思っていたが、品数が多く良い感じ。

寿司も注文してから握ってくれ、ステーキも天麩羅も注文してから調理してくれる。

私は少しの寿司を頼んで後はお刺身、準備万端。
18_hotel.jpg

美味しそう。
ビールで乾杯。

会場が広く人も多い。
カニを山盛りにしている人、揚げ物山盛りの人、日本昔話みたいなご飯の盛り方の人、様々。

おかわり。
19_hotel.jpg

酒の肴のようなものばかり選んでしまう。

最後はデザート(姉のもの)。
20_hotel.jpg

一つだけもらったが美味しい。

部屋に戻り、たわいのない話をして就寝。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

早く寝たので朝も早く目覚めた。

せっかくなので昨日ゆっくり出来なかった温泉へ。
団体さんは二日酔いで朝はゆっくりだろうから、朝の6時半なら空いているだろうと。

空いてました。

温泉でのんびりした後は朝食。
これまたバイキング。

和食を中心にチョイス、朝から揚げ物とか無理なんで。
ごはんは白飯にしようと思ってたんだけど、アジのまご茶漬けが有ったのでそれに。
21_hotek.jpg

いただきます。

朝はおかわり無し。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

2017年6月24日(土)
< 天気: 晴れときどき曇り  >


昨日、たくさん歩いたのでみなさんお疲れ気味の様子なので、朝のんびりして帰りは車で寄れる箇所を通って帰ろう。
せっかくなのでドライブがてら反対方向へ向かい、河津から七滝ループ橋を通って下田街道~修善寺道路を通り、長泉沼津ICから東名へ。

途中、車で寄り道をしながら一碧湖と大室山を通った。22_ippekiko.jpg
一碧湖


河津へ抜ける理由として、みんなに稲取にある誇宇耶の蕎麦を食べてもらいたかったのだ。

しかし到着するも休業中との表示。
土曜日だぜ?と思いつつ車降りて良く見ると「本日貸し切りのため休業」だってさ。

そんなの知らなかったし~と思ったけど、これはもう仕方がない。

じゃあどうしようかと思って車で出ようとしたところ、お店の方が出てきて「ごめんなさいってお辞儀してる」。
「あー別に大丈夫です、逆になんかすいませーーん」て思いつつ、とりあえず帰る方向へ。

稲取~河津付近の食事処の引き出しはこれっきりなので、あとは行き当たりばったりのお店に行くしかありません。

たどり着いたのが「道の駅 伊豆オレンヂセンター」。

河津の庄と言うお店。
23_lunch.jpg

まあ美味しくいただけましたが、お蕎麦は誇宇耶と比べてはあれですがボリュームは有りました。
シラス山葵ご飯、伊豆なの山葵は生で有って欲しかったが、青海苔が良い感じでした。

接客サービスは良かったです。
向かいの席にいた双子の赤ちゃんがすんごく可愛かった。


親父の思い出の、今は無き兄弟と良く行った懐かしの茶屋に寄って、ループ橋を通り天城越えして4時過ぎに無事帰宅。


梅雨の中だったけど何故か奇跡的に両日晴れてくれた、気まぐれ天気に感謝です。

良い旅行になった、次も行けるといいな。











父の傘寿の誕生日 [おでかけ]

2017年5月14日(日)

記事書いてあったのですがUPしてませんでした・・・。
(約2月遅れの更新なのでnice・コメント欄無しで)

< 天気: 晴れ > 

今日は釣りには絶好の天気だったのだが、ちょっと前後に予定があり、お疲れ気味なので自重した。
それと釣り以外でかなり散財していたのでね

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

父の誕生日祝い。

大抵 イベントは姉が起案する。

誕生日の祝い、せっかくなのでお店で。


前回の母の時は和食だったので、今回は中華に。

地元ホテルの中華のお店へ。

リーズナブルな感じで、半分バイキング、半分運んできてくれる感じ。
飲み会に使っても良さげな感じ。
個室で回るテーブル席が取れたので、食べ始めにまずはせっかくなので記念写真。

父は孫(甥っ子二人)からプレゼントをもらってご満悦。

コース料理ではなく、オーダーバイキング的な感じで、多数のメニューからどれでも注文すると大皿で持ってきてくれる。
それと通常のバイキングも利用できる。

とりあえず注文。

写真手前はフカヒレスープ。
01_Barth_cyuka.jpg

四川風麻婆豆腐、山椒の刺激が良さげ。
02_shisen-mabo.jpg

酢豚、いい塩梅。
03_subuta.jpg

他にも頼んだが食べながら写真は苦手なので、割愛。


美味しく楽しく過ごせて満足。
04_cyuka.jpg

十数年ほど前に大病をしたとは思えぬくらい元気で良かった、今回は傘寿の祝い。

また来年も会を開きたいね。



前の5件 | - おでかけ ブログトップ