So-net無料ブログ作成
晩酌&肴・おうちごはん ブログトップ
前の5件 | -

春の山菜 [晩酌&肴・おうちごはん]

2018年 5月 2日(水) 

< 天気: 曇り時々晴れ >

春から初夏に掛けての今、そういえば春ならではの美味しいものあまり食べてないな。
4月に飲みに行った際(朝まで飲んだ時)に、山菜の天ぷらを食べたけど、もう少し堪能したい。

春の恵みのタケノコは親戚の所有する竹林に有ったものをふんだんにいただいたので、これ以外で食べたい。

近所の地元野菜特売所に行くと、いろんな種類があった。

セリとわらびとウドを買い物かごに。

セリとわらび(ウドは写真撮るの忘れた)、安いけど結構量が多い。
01_sansai.jpg

私どもの地域では自由に山菜を取れる野山は無いので、買うしかないのだ。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

セリとわらびはお浸しにしよう。
山菜系は下ごしらえが面倒なので遠慮していたが、今回のGWは2つの予定がキャンセルになったのでちょっと時間を持て余し気味なのでちょうど良い。

まずはセリ。
汚れがかなりあるので、通常のほうれん草などとは違って、何度も何度も洗わなければならない。
茎の分かれ目や根の周りにに泥が溜まっていたりするので、本当に面倒だけど仕方がない。

綺麗に出来たら沸騰したお湯に束ねて持ったセリの根っこだけ先に湯がいて、後に全体を茹でる。
いい香り。
お浸しにするので晩酌用分だけ取り分けて、出汁に浸す。

簡単にやるには市販の出汁のもとを使えばよいのだが、少し私には甘く感じるので自分流で。

完成。一番搾りと一緒に。
02_seri.jpg

セリ独特の香りと、少し土の香りが感じられてほろ苦くて良い。

特に根の周りが香りが強くていい感じ。
03_seri.jpg

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

わらびは冒頭の写真にあるように、ビニールに入ったあく抜き用の灰が付いてた。
この山菜はアクが強く毒性もあるのは知っていたので、しっかりとアク抜きをする。

今はネットで検索するとなんでも情報が得られるので便利、実はわらびの処理は初めてなのだ。
わらびをきれいに洗って、灰を振りかけて、熱湯を掛けまわして8時間ほど放置。
その後、1・2回ほど水を取り替えてアク抜き完了。

さっと湯がいて、これもお浸しに。
06_warabi.jpg
セリよりも時間は掛かるが手間は楽。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

何も手付かずのウド、翌日ではあるが天麩羅に。

穂先はもちろんのこと、茎の部分も拍子切りにして天麩羅に。
前日 下ごしらえしておいたわらびも水気を良く切ってネタに。

山菜は天麩羅が一番美味しい気がする。
04_sansai-tenpura.jpg

特にウドの穂先の天ぷらは香りが立ち、柔らかく物凄く美味しい。
ほんとに癖になりそう。

あまり調理方法は考えてなかったが天麩羅にするんだったらタラの芽とか他のものも買っておけばよかった。


残ったウドの茎の部分は適当な大きさ(拍子切り)に切って、酢水に漬けて変色防止とアク抜きをしたのち、酢味噌和えに。
05_udo.jpg

シャキシャキとした小気味より歯ごたえと、天麩羅より強く立つ香りが良い。

酢味噌は甘すぎるの嫌いなので自分好みにちょっとさっぱり気味に。
香りが立つのでたくさんは食べられないが、良い肴になる。

残ったウドの端っこと剥いた皮はきんぴらに。

写真は無いけどこれも香りが良く良い感じ。


さすがに山菜ばかり食べていてちょっともう良いかなと思ったころ、ちょうど姉が遊びに来たので湯がいたセリとわらびをお裾分け。

毎年の春、めんどくさそうで買わなかったが、美味しいので毎年手に入れてやってみようかと思う。

自由に採れる山があったら、行ってみたいんだけど今の地域じゃ無理かな。







nice!(38)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

しいたけ栽培始めました? Vol.01、春の息吹 [晩酌&肴・おうちごはん]

2018年 3月 25日(日) 

< 天気: 晴れ  花粉:猛烈に多い >

昨日、胃の検査の結果が何の問題も無かったので、気分が良いせいか庭の花もいつもより綺麗に見えます。

背丈の低いチューリップ、出来損ないではなくそのような種類だろうか。。。
cyuurippu_01.jpg

これは木瓜(ボケ)という植物らしい。
boke_02.jpg
梅みたいで綺麗。


ちょうど桜も見ごろ、春ですね(花粉が無ければ最高なんですが)。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

私の部屋、かなり殺風景なんです。

なので、部屋に彩りを加えようと思って、少し植物(食べられるものに限る)でも置いてみようかと。
無精者なので手間が掛かるのは無理なので、栽培キットみたいなやつを物色してみた。
ミニトマトにしようかハーブ系にしようか、葉物にしようか・・・。

で、買ったのが何故かコレ↓。
shiitake_21_01.jpg

しいたけ栽培キット。

んー、間違いなく美味しく頂けるはずだけど、彩り的には無しです。
ちゃいろオンリーなので色気0です。

「もりのしいたけ農園」と言う製品。
プラスティックケースも欲しかったのでセット品にした。
ケースが有れば以降は「もりのしいたけ農園おかわり君」を買えば半額で済みます。

早速開封。
プラスティックの透明ケースと中身は茶色い菌床。
shiitake_21_02.jpg

ちなみに木ではなく、腐葉土とかおが屑とかと菌を混ぜたものの塊みたいなものの様です。

菌床を軽く丸ごと水でゆすいで付属プラケースに鎮座させれば完了。
shiitake_21_03.jpg

この小さい目玉みたいのが成長するのかな?

蓋をして成長を待ちます。
shiitake_21_04.jpg

後は適度に水道水でいいので、霧吹き等で保湿してあげます。
私は毎日朝晩4~5回、霧吹きシュッシュしてます。
真夏以外は温度管理はあまり気にしないで良さそうです。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

3月22日、小さい目玉親父みたいのが大きくなって来た。
shiitake_22_01.jpg

3月23日、更に目玉親父が大きく(おい鬼太郎っ!)。
shiitake_23_01.jpg

3月25日、にょっきにょきになってきた、ちょっとグロい。
shiitake_25_01.jpg

ちなみに姉にしいたけ好き?ってLINEで聞いたら「好きー」って返信あったので、じゃあ送るよってキット送ってみた。
「しいたけ自体が来ると思ってたー」と文句を言われたが、ちゃんと設置したらしい(うん、がんばって)。


この様子だと後3日すれば食べられるものが出来そう。

間引くと大きく育つと書いてあったが、そうすると菌床がもろくなるので2回目以降の発芽率が下がると書いてあった(公式HP)。
なので間引きはしないでこのまま行く。

さーさー、今後しいたけを酒の肴にするの超楽しみ。


今日の夕飯はお値打ちだったびんちょう鮪、柵で購入。
DSC02771.JPG

付け合わせは大葉と大根のツマ。

大根のツマ、簡易的なスライサーとか市販のものだと繊維壊れまくりで旨くないので、面倒だけど包丁で。
綺麗に切れてない不揃いな出来だけど、でもこのほうが断然旨い。


------------------------------------------------------------------

溜まっている写真も載せていかないと。

2018年 2月 25日(日) 

新鮮なアジがあったので、なんちゃって姿造り風。
(あ・・・大葉の向き逆だ)
aji_01.jpg

ツマ用意してないので立体感が無いけど、味に変わりはなく旨いことに変わりは無し。












nice!(57)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

なめろうで餃子。ホウボウの煮付け。 [晩酌&肴・おうちごはん]

2018年 3月 18日(日) 

< 天気: 晴れ  花粉:猛烈に多い >

先週位から花粉症がピークを迎え、少しでも外出すると目のかゆみとくしゃみ・鼻水が止まらない。
酷くなると何も手につかない、結構強めの薬は飲んでるんだが・・・。
あと少しすれば、4月になれば、多少良くなるはず・・・なので、今は部屋に籠って空気清浄機全開で回して我慢。

ブログに載せようと撮り溜めした写真がちょこちょこあるのだが、ぜんぜんUPしていないので溜まっていく一方だ。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

昨日、美味しそうな刺身用のイサキが売っていたので購入した。
早速刺身にしていただこうとしたのだが、内臓の感じが良くなく刺身は諦めた。
内臓が劣化して破れていて、腹身に嫌な臭いが付いてしまっていた。

見た目は悪くなかったんだけどなぁ。
柵取りだけして、翌日過熱して食べるようにしておいた。

焼きなめろうにしようと思ったのだが、ふとなめろうを餃子みたいにしたら旨いんじゃないかと思い付いた。
きっと旨いはず。

いつも通りなめろうを作って、皮で包む。
なめろうには大葉・茗荷(大好き)・生姜・葱をいれたオーソドックスなもの。
慣れない作業なのでちょっと時間かかったが下ごしらえ完成、後は焼くだけ。
namero-gyouza_01.jpg

焼き上がりはこんな感じ、with コロナビール。
namero-gyouza_02.jpg

中身も良い塩梅です。
namero-gyouza_03.jpg

普通に美味しい、ビールに合います。
イサキメインなので美味しいが油分が無いのでかなりさっぱりしている。
餃子にするならなめろうのままではなく、餡を少し餃子用にアレンジしてみても良いかなとも思う。

なめろうの餃子、我ながら良案だと思っていたが、ネットで調べてみると既に作っている人結構いました。
確かになめろうって餃子の餡みたいだから、そう思うの私だけじゃないよね(^^;)

------------------------------------------------------------------

溜まっている写真もぽつぽつ載せていきます。


2018年 3月 3日(土) 

< 天気: 晴れ   >

夕飯のおかずを物色中、ホウボウがお値打ちだったので2尾購入。
houbou_01.jpg

鮮度も良さそうで刺身も美味しいだろうけど、あまり大きくないので煮付けにしよう。
ホウボウの煮付け、美味しいので大好き。


下ごしらえ終了、せっかくなのでアラも捨てずに味噌汁にします。
houbou_02.jpg

今日の夕飯のおかずの完成。
houbou_03.jpg

煮付け、旨いです。
最近胃が少しシクシクするのでお酒は無し。
たいしたことないと思うのだが、胃の検査 全然したことない(バリウム飲みたくないから)ので、週末に医者に行って胃カメラで診てもらうつもり。

味噌汁も良い出汁が出ていてかなり旨いのだが、アラがちょっと食べにくい。
出汁取った時、濾してしまっても良かったかも。

またあったら買おう。

それにしても包丁が切れない、近々しっかりと研がないといけませんね。





nice!(58)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハチビキを食す [晩酌&肴・おうちごはん]

2016年8月6日(土)


< 天気: 晴れ(猛暑日) >


赤くて綺麗な魚が売っていた。
02_hachibiki.jpg

釣りでも飲み屋でも見たことがない魚、もちろん食べた事も無い。。

ハチビキと言うらしい。
01_hachibiki.jpg

ゴマサバを真っ赤にしたような姿。

じっと魚を見つめている私を見て、お店のあんちゃんが声かけてきた。

すかさずお店のあんちゃんにどうやって食べると美味しいのか聞いてみると、湯引きにした刺身がおすすめとのこと。
それをかなり力説してくれる。

優に40cmは超えているだろうその魚、値段も安い(ワンコイン)ので試しに買ってみた。

どのように捌きましょうと親切に言ってくれたが、2枚おろしで半身刺身用・もう半身煮付け用・頭は割ってね、などと細かいことをいうのをちょっとためらった私。
丸のままお持ち帰り(1回は自分でやってみたかったってのもあるが)。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

良く調べてみるとこの魚は沖釣りの嬉しい外道として上がるらしく、大型のものは脂が乗って旨いらしい。

鱗は固く大きく真鯛のようで骨もかなり固い、皮は厚みがありそして身は赤く柔らかい。


湯引き、実は一度もやったことがないのだ。

どのくらいお湯を掛ければよいのか見当がつかないが、キッチンペーパーを被せて氷水用意して、えいやーでやってみる。
あ、・・・ちょっとやりすぎたっぽい。

ま、まあいっか。

こんな感じ(ちょっと失敗した感が)。
03_hachibiki.jpg

もうちょっと上手に作れるようになりたいな。


食味はというと、身が柔らかく厚い皮目に多く旨み(皮目に脂あります)がある感じ、美味しいです。
お店の人が湯引きを進める理由が良く分かった。

もう半身と割った頭は煮付けで。
煮付けも美味しい、過熱するとちょっとパサつく感じもあるけど。

刺身は残ってしまったので、漬けにしておいて翌日ごま油を一滴(ひとしずく)垂らしてオーブンで軽く焼いて食べた。
これが一番うまかった、かもしれない。

捌いているときに思ったのだが、この魚は血の量が多いようなので〆方によって味が良くも悪くもなるのかなぁ~なんて思ったり。
もう何回か食べてみたいな。


初めて見る魚、楽しい。
良い刺身包丁も、欲しい。

誕生日だった。 [晩酌&肴・おうちごはん]

2016年6月26日(日)

*載せるのわすれてた記事です・・・。


< 天気: 晴れ >

昨日、誕生日だった。
また歳とったくらいにしか思っていないのだが、せっかくなので美味しいものでも食べようってことに。

とはいってもお刺身買ってきて、お赤飯食べて、というレベル。

お刺身は自分で買ってきて自分で盛るっていう、なぜかセルフサービスで。

本マグロと真鯛、こういうときなので少しだけ綺麗に盛ってみる。
01_honmaguro-madai.jpg

美味しい。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

翌日、甥っ子二人が誕生日プレゼントを持ってきてくれた。

近所のお店の美味しいチーズケーキ。
02_chease-cake.jpg

あと、プレミアムモルツ。分かってるねぇ、キミたち(^^)


プレモルいただいたので、美味しいお魚で一杯。

本ガツオで。
03_katsuo.jpg


今更誕生日なんて・・・と思っていたが、捨てたもんじゃないですね。

ほっこりした気分になれました。

nice!(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - 晩酌&肴・おうちごはん ブログトップ