So-net無料ブログ作成
検索選択

京都・京丹後の旅 [おでかけ]

2017年4月30日(日)

< 天気: 晴れ > 

GW突入。

いつもだらだらと過ごしている大型連休。
しかし今回はちょっと遠出してみることになった。

前職の京都出身の友人(かれこれ17年位の付き合いになるか)が、しばらく住んでいた大阪の都会から京都の山奥に引っ越したので行ってみることに。
いわゆるテレビで良く放送されている田舎暮らし的な感じの所らしい。

場所は丹後半島の山奥。
車だと渋滞にも嵌りそうだし、移動は一人なので電車で。

地図で見るだけでも遠い、なので1泊だときつそうなので2泊することにした。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

新幹線を小田原8時過ぎ発で、京都からは特急のはしだて号で天橋立駅に12時半着の長い行程。
1-00_map.jpg


早速新幹線に乗り込みます。1-01_odawara.jpg

途中、車内アナウンスがあって「右手をご覧ください、富士山の絶景が見られます」と。
高速移動中なので上手に撮れなかったがこんな感じでした。
1-02_fuji.jpg

京都での特急への接続を考え、少しでも早く到着する用に名古屋でのぞみに乗り換え。

乗り込み予定の「はしだて3号」、ローカルな感じが良いです。1-03_hashidate-go.jpg

1-04_hashidate.jpg

JRは福知山駅まででその先は丹鉄(京都丹後鉄道)なのだが、特急は乗り入れていてJRでも旅券が買えるのだ。
1-05_hashidate.jpg

走り出してしばらくすると、山間部を通り抜けていきます。
1-06_hashidate.jpg

丹鉄について詳しく知らないが、ディーゼルで単線の区間も多いようです、でも特急はディーゼルではなく電車みたいでした。

特急と言ってもかなりのんびりしていて、いくつかの駅での停車時間が5~10分くらいあるのだ。

2時間ちょっとでようやく天橋立駅到着。
1-07_hashidate.jpg


◇    ◇    ◇    ◇    ◇

到着すると友人と奥様が出迎えてくれた。

久しぶりと挨拶し、「お腹空いてる?」何もたべてないよ」と会話もそこそこにして、車でランチへ向かう。

到着、車を置いてほんの少し歩く。
眼下に広がる海の景色。
1-08_ine-michinoeki.jpg

1-09_ine-michinoeki.jpg

伊豆で綺麗な海は見ているが、ここはその上をいくレベルで綺麗。

左手に海を眺めつつ歩いていくと目的地へ到着、伊根町の道の駅。
1-10_ine-michinoeki.jpg

お店はここ。
1-11_ine-michinoeki.jpg

さすがにGWだけあって順番待ち。

待っている間、海が見えるところで時間つぶし。
1-12_ine-michinoeki.jpg

1-13_ine-michinoeki.jpg

時間つぶしがちょっと長かったようで、順番抜かされてた。
店員さんに話すとすぐ入れてくれた。

煮魚定食とかアラ煮定食とかいろいろあったけど、結局頼んだのは海鮮丼。
1-14_ine-michinoeki.jpg

美味しいです。


満腹になったので、今度は酒蔵へ。

風情ある町並み、なんだか倉敷の町並みを思い出してしまう。
1-15_sakagura.jpg

ちなみにこの右側の家々の裏は海、しかも家に海水が掛かるほどの至近距離なのだ。

1-16_sakagura.jpg

目的地は向井酒造。
1-17_sakagura.jpg

全種類試飲した(6種ほど)。
赤米のお酒がフルーティーで甘く、ワインのような感じだった。
その他のお酒も当然旨いのだが、せっかくなので変わったものを買うことにした、「伊根満開」というやつ。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

夜は当然飲みに行くことになっていたので、移動。
丹後半島の海沿いをぐるっと回る、伊豆の海に似ている感じがするが少し雰囲気が違い荒々しい感じ。
でも釣りポイントは多数あり、今度は釣り道具持ってきたい。
彼らの家に寄って、ホテルへ送ってもらってチェックインしてから飲みに行く。

彼らの家の近くの牧場。
1-18_kyoutango.jpg

家の裏の風景。 *家の写真は載せたかったけど個人情報なので割愛
1-19_kyoutango.jpg

家は地主さんから格安で借りてるらしく、1万円するとかしないとかのレベルらしい。

私が子供のころ親戚の家で見た風景が広がっていた。

土間がありすべてが木造で、入った瞬間にひんやりする感覚がすごく懐かしい。
トイレも水洗では無い、が便器は洋式で昔みたいにおつりがくるタイプでは無かった。
カメムシが大発生しているようで、老朽化していて隙間だらけなので家の中にもたくさんいた。

旅行計画当初に家に泊まったらと最初言われていたのだが、さすがに遠慮してホテルにしていた。
奥様から今度はホテルじゃなく是非泊まってねと言ってくださったので、次回は遠慮なく泊めてもらおう、ものすごく楽しそうじゃないか。

小休止して宮津へ移動。

宮津駅前すぐにあるお店へ。
1-20_miyatsu.jpg

とんだ屋。
1-21_miyatsu.jpg

カレーからラーメンからお刺身まであるお店。
ちょっと定員さんがそっけないけどそれも愛嬌。

メニューはたくさんあります。

ビールで乾杯して、刺身を注文。

アマダイの刺身が食べたかったが売り切れ(17時過ぎだけど)。

まずはアジとイカとサバのお造り、サバのお造り出すお店初めて見た。
サバはいろいろと気を付けないと行けないので、本当に珍しい、しかも冷凍せず生での提供。


もちろん旨い(食べかけ写真だけど)。1-23_miyatsu.jpg

写真は無いが、旬のアサリ焼・トリガイ、エビフライなどを堪能(食べ始めると写真どころでは無くなるのはいつも通り)。
ツレは〆にラーメンなどを食べていた、一口もらったが昔ながらの懐かしい感じで良い。1-24_miyatsu.jpg


単純に食事だけに来ている客も多く、中学生が学校帰りがけにどんぶり食べに来ていたりする。

酔いも回ったので早めに撤収、峰山駅付近のホテルまで送ってもらって解散。

ホテルは普通のビジネスホテル。
明日に備えて早く寝ます。


2017年5月1日(月)

< 天気: 曇り時々雨、のち晴れ > 

今日は天橋立に行く、それ以外はお任せにしている。
朝のホテルからの景色、今にも振り出しそうな感じ。
2-01_mineyama.jpg

9時にお迎えに来てもらって、まずはTKGを求め兵庫方面へ。

車で走ること40分、到着しました。
2-02_tankuma.jpg

但熊さんです。鶏卵の販売等々をしているところです。
2-03_tankuma.jpg

熊の大きなオブジェがあり、実はそこは女子専用トイレだったりします。
2-04_tankuma.jpg

目的のお店、朝から満員でした。待つ順番は1番、すぐに入れそうです。
2-05_tankuma.jpg

標準の定食を注文。
2-06_TKG.jpg

ご飯とお味噌汁とお新香だけですが、左上の生卵何個でも食べ放題なんです。
そうここは TKG=卵かけご飯のお店です。

こんな感じにしていただきます。
2-07_TKG.jpg

完食です。
2-08_TKG.jpg

ちなみに私は2個しか卵いだだけませんでしたが、ツレはそれぞれ7個とか8個とか食べてました。
卵専門店だけあって、新鮮な卵で匂いも臭みも無いのでスルスルっと入って行く感じです。


弐番館へ行ってシュークリームでおやつタイム。
2-09_tankuma.jpg

サクサクのシューが良い感じ。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

満腹になったところで本命の天橋立へ、道中雨が降り始める嫌な感じ。
到着するころには本降り、駐車場で傘を貸してくれるのが嬉しい。

ケーブルカーで上へ。
2-10_hashidate.jpg

これに乗ります。
2-13_hashidate.jpg

霞が掛かっている天橋立。これはこれで風情があって良しとしよう。
2-11_hashidate.jpg

2-12_hashidate.jpg

股覗きしてみた、景色がみんなグレーなので天まで繋がっているようないないような・・・。
2-14_hashidate.jpg

そんなに長居するほど見る場所もないので下ります。
2-15_hashidate.jpg

実際に橋立へ行ってみます、前方の木々があるところが橋立。
2-16_hashidate.jpg

橋立入口到着、反対側まで行ったら2.6kmあるらしいです。
2-17_hashidate.jpg

2-18_hashidate.jpg

もちろん戻ってくるのが大変なのでここまで。


またもや酒蔵、酒呑童子のお店。香田などのお酒を造っているところ。
2-19_sakagura.jpg

ここは我慢して買わなかった。

天橋立駅へ向かい京都へ移動。
ここで友人夫妻とお別れ。

丹鉄。
2-20_hashidate-go.jpg

京都から地下鉄で四条へ移動。
宿泊は良く利用するビジネスホテル、ポイント溜まっているので無料で宿泊。

疲れているので外食は面倒だけど、せめて旅人気分を味わおうと夜は駅弁。
45_ekiben.jpg

46_ekiben.jpg


明日、京都市内をちょっぴり観光して帰ります。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

2017年5月2日(火)

< 天気: 晴れ > 

昨日疲れたので起きたなりに計画を立てようと思っていた。
早めに起きたので、二条城と東寺にでも行ってみよう。

ホテルに付いてる軽い朝食をいただき9時過ぎに出発、四条→二条城前駅へ。

見えてきました。
3-01_nijoujou.jpg

拝観料を払って入場。
3-02_haikanken.jpg

豪華絢爛な門をくぐり二の丸御殿へ。
3-05_nijoujou.jpg

3-06_nijoujou.jpg

二の丸御殿
3-07_nijoujou.jpg

御殿内部、堪能できたが写真撮影は禁止、何時まで記憶に留めておけるのかな。

庭もすごく美しい。
3-08_nijoujou.jpg

3-09_nijoujou.jpg

本丸櫓門。
3-10_nijoujou.jpg

3-11_nijoujou.jpg

本丸跡からの風景。
3-12_nijoujou.jpg

3-13_nijoujou.jpg

ここ、2度目か3度目だけどつ来ても楽しめる。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇

さて、次は東寺。

電車を乗り継ぐ、二条城前→烏丸御池→京都→東寺。

まず見えてきたのは五重塔。
3-14_touji.jpg

南大門から入場。
3-15_touji.jpg

今回、五重塔にも入れるらしいので共通券を購入。
五重塔・金堂・講堂・宝物館・観智院へ入れる。
3-21_touji.jpg

金堂・講堂・五重塔の内部は壮観だった。

多数の仏像が凛々しい。
 *もちろん撮影不可。


観智院
3-20_touji.jpg

3-19_touji.jpg

帰りの新幹線の時間が迫ってきたので、五重塔を最後に拝み岐路へ。
3-20_touji.jpg

四条へ向かいホテルに預けていた荷物を引き取り、再度京都へ。
新幹線の予定を前日早めて(変更)いたので、ちょっと時間が足りなくなった。
駅中で昼食をとろうと思っていたが無理だった。

無事新幹線へ搭乗。
3-22_shinkansen.jpg

車内で食事。
3-23_shinkansen.jpg

3-24_shinkansen.jpg

コンビニ弁当でも良いのだが、まだ旅行気分を味わいたいので駅弁。
のんべえの私だがほとんど車内で飲まないのだが、今回は特別。

お酒のおかげでぐっすり眠り小田原にあっという間に付き、無事帰宅。

向井酒造のお酒を早速開けてみた。
3-25_sake.jpg

赤米で出来ていて、砂糖が入っているんじゃないかと言うくらいの甘さ、フルーティーな香り。
こりゃすぐ無くなるな。


京丹後、また夏にでも行こうかと思う、釣り道具満載してね。
あの海、魅力的です。





nice!(51)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 51

コメント 6

song4u

天橋立、ぼくも数年前に行きました。
京都というよりも、ほとんど北陸という風情ですよね。
ママダンプが立て掛けてありました。冬は大雪らしいです。
by song4u (2017-05-04 22:39) 

ryang

良い旅行ですね。
京都は修学旅行で行ったことがあるだけなので
いずれ訪れてみたいのですが
なかなか機会がありません。
釣り具を満載で...名案ですね^^
by ryang (2017-05-05 00:22) 

kou

のんびりと列車での旅行、良いですね。
関西はバイクでの素通りと修学旅行でしか足を運んだことがないので、憧れです(^o^)

先日、釣り道具を積んでプチドライブしてきましたが、玉砕でした(^^;)
でも自由に移動出来て楽しかったです!
by kou (2017-05-05 08:18) 

LoveBeer

song4uさん、こんばんは(^^)

京都府ではありますが、日本海側は京都市内のような都会の様相はみられず、自然豊かでのんびりしている良い場所でした。
友人は丹後半島の山奥に住んでいるので、おっしゃる通り冬は四駆&スタットレスが必須だと言ってました。
山も海も綺麗なのでまた行こうかなと思ってます。
by LoveBeer (2017-05-05 18:49) 

LoveBeer

ryangさん、こんばんは(^^)

京都市内は何度も行ったことがあるのですが、日本海側は初めてでした。京都市内とは全く違う風景で、癒される環境でした。
平日とは言えGWの最中、海はガラガラでした。
これは釣り放題では・・・と思い、次は車で行けたらいいなと思ってます。
by LoveBeer (2017-05-05 18:52) 

LoveBeer

kouさん、こんばんは(^^)

移動は一人だったので、電車でも車でも費用的には差がないのでのんびりできる電車にしました。
そちらからだとかなり遠いかもしれませんが、京都は見どころが多いので何度行っても楽しめます。
次は釣り道具積んで車で行きたいです。
by LoveBeer (2017-05-05 18:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。